2010年05月12日

パレットクラブレポートその1

先週からパレットクラブというイラスト教室へ通うことにした。
場所は築地。開校してしてもう13年になるらしく、
私は14期生の生徒となるわけだ。
選んだイラストAコースは木曜日19:30スタート。

さて5月8日初日。
築地も平日の夜はさすがに静かなもので
どこぞの店員さんが何人もチラシを配っていました。
築地でさえも努力なしで存続は厳しいのかと
身につまされる思いです。

パレットクラブは築地駅から歩いて4.5分の場所にある。
見上げると黄色い看板があります。魚屋とかすし屋のお店に混じって
どちらかというと赤の多い築地の中で黄色は、わりと目だって見えます。

いよいよ初日。小さな志と野望を胸に
とにかく貪欲に学ぼうとやる気満々で来てみたら
1時間も前に着いてしまいました(汗)

初日の授業は主催者でもある原田治氏です。
先生と呼ぶのはなぜかダメみたいです。
原田氏は終始穏やかに時折見せるいたずらっ子ような笑顔で
とても厳しい現実的な話をたくさんしてくださいました(ひぃー)
まぁ厳しいと言うのはどこの業界も一緒だし
分からないことはとにかく質問しまくりました。

原田講師に「イラストレーターとして続けてこれたモチベーションはなんですか?」
と質問したところ「メシ食うため」と答えてくださいました。
正直期待していた答えと違っていたので少しガッカリしたのですが
最後に「プロになるには戦略が必要」「どうしたらイラストでメシが食えるか常に考えてください」
と言われ、は!としました。

今自分のイラストではメシは食えない…
好きな事でメシを食うには
それ相当の努力が必要なんですね。
うおおおお。当然の動機だ!
当たり前の前提をすっかり忘れていました。
私もこれでメシが食えるようにやるしかないのである。

初日からいろいろ気づかされた授業でした。

次回は早速課題提出!
テーマは「私」自画像です。


つづく

posted by 92 at 23:49| Comment(173) | TrackBack(0) | 日記