2010年05月13日

パレットクラブレポートその2

パレットクラブ2回目の講師は加藤裕將(ひろまさ)先生
恥ずかしながら業界の方やイラストレーターのことはあまり知りません。
先生の名前を検索し、絵を見てやっとああこの絵を描いてる人なんだと分かる次第です。
大変失礼ですね。でもイラストを見てわかるというのはやはりすごいことだと思う。
自分も早く、そんなイラストを描きたいものです。

今回の講義は前もって課題が出ていたのでその評価からです。
課題は「自画像1点」。しかもサイズがB2(515mm×728mm)!!
この大きさにちょっとびびりましたが、
大きい紙に描くのはとても気分がいいものです。

課題をやるという行為になんとも言えぬ高揚感があります。
今回初めて他の生徒さんの作品を見るのですが
「みんなめちゃくちゃ上手いんじゃないんだろうか…」
「自分のレベルで通用するんだろうか?」
と不安もいっぱいでしたが、それも踏まえて
貪欲に学ぶんだと心に決めていたので
とりあえず一番最初に課題を貼りだしました。
緊張して貼ったのに、まわりの反応がない分余計にドキドキです。

で出来上がった課題がコレです。
100513.jpg

加藤先生の評価は「自画像は似てる」「課題の意図は汲み取れている」
という当たり障りのないものでした。
他の絵を見てみるとやはり上手い人がたくさんいました。

全てを評価した後、最後に先生が心に残った作品を4つ発表しました。
残念ながら私は選ばれず、少しがっくりでしたがまだまだこれからです。

先生が講義の中でおっしゃっていたのは、
課題は必ずやる。たくさん描く。しつこく描く。
それと仲間をつくる。
ということでした。
具体的には毎日描くを3年間続ければ必ず結果が出るそうです。
それと、人生の中にチャンスは3回めぐってくる。
そのチャンスが来たときに準備が出来ているかどうかが成功を左右するそうな。

確かにチャンスが来てから、毎日描いていれば!
なんて手遅れもいいとこですよね。
今日もまたたくさん勉強になりました。
課題は難しいけど楽しいです。

さて次回の課題は「現在もっとも興味をもっているものを作品にする」です。
んーーー興味のあるものね…

つづく
posted by 92 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40238956

この記事へのトラックバック